清和県民の森ってどんな所?

概 要
 清和県民の森は「調和のある人間づくりと、よりよい県民生活を確立しよう」 とする千葉県の主要施策のひとつとして、小糸川上流の水源林地帯の保護・回復と、森林の適正かつ多面的利用を図りつつ、山村の地域振興にも寄与することを目的として、設立されました。この一帯は、コナラ・スダジイ・カシ類等の広葉樹と、モミ・ツガ等の針葉樹が混生する自然豊かな森林地帯であったことから、かつては県下有数の薪・炭の生産地でもありました。しかし、近年の燃料需要の変化により、こうした産業は衰退していきました。そこで、地元清和地区の人々は、地域を観光地として再び活性化させたいと願い、県民の森の設立に大きな期待を寄せていました。こうした地元の方々の思いや、県の施策が実を結び、昭和49年8月8日、当施設は開園に至りました。
名 称 清和県民の森
開 園 昭和49年8月8日
位 置 292-1179 君津市豊英660
TEL 0439(38)2222
FAX 0439(38)2229
交通機関 交通アクセスをご覧ください。 こちら
区域面積 3,200ha(2002.97ha)
キャンプ場 20サイト(大型10サイト、小型10サイト)
オートキャンプ場 11サイト
ロッジ村 定員145名 29棟(キノコ型24棟、家型5棟)
駐車場 2,000㎡(122台)
主な建物 ・木のふるさと館(工作台10台)
・炭焼窯 清澄G型
展示施設 ・木のふるさと館
園 地 ・スポーツ広場・運動広場
・芝生広場
・バーベキュー場 14基(1基8名)
・あずまや     他

※フィールドアスレチック及びテニスコートは、施設の老朽化のため、閉鎖しました。

森林の特徴 スダジイ、タブ、カシ類等
尾根にはモミ、ツガ、カヤ等